青天のソラ

人間いつかは空を飛ぶと信じる駄目学生の記録集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
綿谷のうどんが食べたい。
次点は小麦屋。
仕方ないからはなまるでも可
スポンサーサイト
早く終わって欲しい
同じ話の繰り返しにはもう飽き飽き
こっちの都合を無視するのには慣れました。
わーい(´∀`)
わーい(´∀`)
わーい(´∀`)
大切なことなので3回言いました。
やはり、遠くにいる方が順調にいく関係もあるのだ。
実家に帰ったり、こっちに来られたりする時に実感いたします。
何をしても許されると思うわないで。
早く解放してください。
癒しが欲しい
安らぎが欲しい
愛が欲しい
私に何をしろと言うんだ。
いらいらが止まらない
ストレスだけが溜まっていく
毎度土曜日に書いていることだが何故私はバイトの前に無茶をするのだろうか。
自分の体力の限界くらい知っているはずなのに。
ただ、反省はすれど後悔はしていない。
そこら辺は理性と感情の違いで。
良く分からないけれど、私は帰属意識と言うか依存度が大きい。
自分のいないところで楽しいことが起きているんじゃないかと疑いだしたら切りが無い。
皆が経験する共通のイベントは自分も経験したい。
関われる全てのことに関わりたい。
置いていかれるのは嫌だ。
結局何が言いたいのだろうか。分からなくなった。
タイトルに☆なんてつかっちゃった。
実家に無事帰ってきて、弟の部屋にある私の中学校時代の机(別名暗黒机、英名ブラックデスク)から色々発見されました。
若気のイタリア。

引き出しを漁っていると、「ゲーム用」って封筒が。何かお金を貯めてたらしい。
今は封筒だけかと思ったら、何か影が。

今は懐かしの夏目先生がいらっしゃいました。
何か得した気分。
昨日はさやちゃんとふっしーとゆかのピアノを聞きに行ってまいりました。
うっかり寝ちゃって、第三部からしか見れなかったけど、相変わらずレベル高い。
ゆかが弾いたため息も流れるようで素敵だったけど、スケルツオとか木枯しとかバラ4とか弾いてる先輩とかいて最高でした。
最初から見たかったな。

まぁ、終わるの遅かったし、実家に帰るのは諦めました。潔く。

その後、我が家でゆかとふしぐろさんとオール。
この二人、初対面じゃないけど会って2回目なのに意気投合して私の入る隙間ないから。うん。

で、朝イチの新幹線で帰ってきました。
早速うどんを食べてる錦さんは生粋の讃岐人だと思う。
今日、香川に帰るのは無理っぽい。
だってピアノソサイエティ行きたいし。
友達が出てるってのもあるけどピアノ好きにとっては行きたい思いはすごいんですよ。
なので、明日朝イチの新幹線に乗ります。
あとでみくしーにちゃんと書く内容だよ。
親から電話があったついでに単位についてきいてみた。
とりあえず、後期は青スタ以外は落としてなかったみたい。
情報スキルは除けてね。
不合格→情報スキル(端から取る気なし)・物理学Ⅰ(テスト受けてもダメだった)・青スタ<色>(授業・テストともに欠席)・体育(合宿のオリテをサボる)
青スタも自己理解はCってギリギリの判定でした。
色はテストにも授業にも出てなかったから落としたもんだし。
つまり、受けたテストは全て受かったってことになります。
良かった良かった。

ただ悔しいことに前期に比べて平均が下がってる。反省。
全体的にBとCが多い。前期はフランス語のCだけだったのに。
私的に線形がBだったことは少なからずショック。
テストの時間が足りなかったとはいえ、あの線形でAすら取れなかったことは自分の不甲斐なさが原因です。
その代わり、全然出席しなかった生命科学入門がAだったことは別の意味で驚きです。
一応、化学系はA以上だったので親のお叱りからは逃れました。
電話口での説教はもう勘弁です。
まぁ、なんだかんだ言いながら中学校から成績で親に何かを言われたことはないけれど(姉弟比)

これで取得単位数は59です。
申請単位数が64ってのを考えると5単位も落としたのは痛いかな。
ちゃんと計算してないから分からないけど、卒業要件単位に入らないのが6単位あるとしても53単位は取れてる。
取りあえず、50単位あるからいいかな。
3年までに124単位ないと研究室に入れないけれど、この調子ならなんとかなりそうです。
来年は60単位取れるかな?

取りあえず、青スタと情報スキルを頑張らないと・・・・!!
こんな時間になってました。
最後に時計を見たのは16時なんだけど。
本屋で買った本をカフェで読んでたらこんなことに。
こんな時間まで渋谷でいるつもり無かったんだけど

自分でもびっくりですよ。
明日はバイトだから無理はしないようにしたんだけど。若干意味ない(´ω`)
昨日、銀行から下ろした諭吉さんがいつの間にか野口さん二人に減っています。これは大変由々しきことです。
何故なら今はまだ渋谷なのです。
そして残っている野口さんも今から買う本の為に消えていきます。
トドメにSuicaのチャージは足りません。

つまりお家に帰れません。

ヤマハで4千円の楽譜を買った時に気が付くべきだったのです。
今、手にしている漫画を戻す気にもなりません。

どうしましょう。

素直にお金を下ろすことにします。
散財だ。
自分に自己嫌悪ってわけなのですよ。
あからさま過ぎました。
対人関係の難しいところです。
あとコンマ2で渋谷に行くつもりが中央林間行きに乗るところだった。
しかも急行。
無意識って怖いね。
気にしすぎている自分が馬鹿らしくなってきた。
敢えて目的語を書かずに書いているけどさ。
誰かに愚痴ってこの話に見切りをつける。
日付的には一昨日、感覚的には昨日借りたCDを聴いてます。
ツタヤでマイルスばかり6枚借りました。
あとはNAMIKIBASHIの日本の形。これはDVDだけど。
マイルスはやっぱり好きだわ。
なんだかんだいって初めて聞いたJAZZはマイルスだし。
だから雛鳥の刷り込み現象かもしれないけどね。

今日は下北沢に行ってきました。withのぐちゃん、こばやん、すーざんで。
何だかんだで充実してたと思う。

こっからは酔った勢いで書く。

私は気にしすぎなのか。そうなのか。
普通は気にも止めないことなのだろうか。
結局、私は要る人間なのかも分からない。
現金な自分が居るのも自覚はしているけれどね。
それでも私は欲張りなのですよ。
無理にテンションをあげるとココにツケが廻ってくる。
叫んで喚いて泣き散らかしたい。
何に対しての不満なのか誰に対しての不安なのかも分からないこの心のもやもや。
眠いから疲れたからと自分も騙しつつ。
誰かに頼ることを許すほど許容範囲が広い訳じゃない。
それなのに支えが無いと立っていられない。
呼吸の仕方も分からなくなる。
私の周りだけ酸素が足りない。

そして自分で自分を傷つけて自己陶酔。
どんなお酒もその前では水に等しい。

いつまで経っても成長しない。
今、精神的余裕が欲しい。
寝たら治るがな。
いつまでたっても意志の弱い自分に自己嫌悪。
自分の行動を後悔をしている訳じゃない。
理性が納得しないだけ。
やりたいことばかりやり、やらなければいけないことから目を反らす。
気が付いているのに気が付かないふり。
私の世界の一人の私が定める優先順位と独りの私が定めたい優先順位が違う。
この誤差がいつまでたっても修正されない。
私は私によって首を絞めなければならない。
iPodを家に忘れたまま出てきてしまった。
バイトに行くまでの唯一の楽しみだったのに。
明日は忘れないようにしよう。
3月は19~21の予定で帰省します。
20日は懐かしの演劇部同窓会なのがいまから楽しみです。
バイトが22になければ22までいるかもしれないけれども。
香川のみんな、遊びませう。
無駄に高校とか行きたいなー。
やっぱり自分は現金なやつ。
いつまで経っても成長しない。
引っ越しは面倒で。
全てが面倒になる。
いつだって全力で余裕が無くて
正当防衛という日本語を利用した過剰防衛に気が付かず
この世のサイハテに届く心地で消えて無くなれ

言葉にすることも難しく態度で表すことも難しく
何をしても意味が無い
小さなことを気にしすぎ大局を見失う

がらんじめの心は窮屈すぎる
ピエロが玉乗りをする
見てる人はピエロが玉から落ちることを望んでいる
その上でどんなことをしたって落ちなければ意味がない
ピエロの失敗でお客は笑う
お客が笑えばサーカスは成功
ピエロに成功は許されない
失敗することこそが最大の成功
嗤われることが最高の報酬
ピエロはなんていう自虐の精神の塊

ピエロがサーカスを盛り上げる
独りでお客さんと会話する
サーカスの一座は仲間
ピエロもその中のひとり
皆がお互いを仲間だとおもっている
それでもピエロは独り
ピエロには猛獣使いのようにライオンはいない
綱渡りのペアのようにパートナーもいない
誰とも仲がいいから誰とも仲がよくない
独りで笑って嗤われる存在

ピエロが笑ってるよ
笑った化粧の下で嗤ってるよ
そんな事を思う自分こそ道化に相応しいと嗤ってるよ
歪んだ顔に厚い化粧を塗りたくり子供たちに夢を配りましょう
いつ崩れるかも分からない砂上の楼閣の夢を届けましょう
醜い顔に嗤った顔を貼り付けて死んでいけ
笑い方を忘れたのはいつだったか
嗤い方を覚えたのはいつだったか
泣くよりも笑う方が簡単で
笑うよりも嗤う方が許される
どす黒い感情を認めておきながら許しはしない
入力をするのに出力されないモノ
ソレは細胞の一つ一つにしまわれていく

背水の陣でギリギリの毎日
ギリギリギリギリギリギリギリギリ
後ずさってはいけない焦燥感
何かが追い駆けてくる焦燥感
逃げ出さなきゃ
ハシレハシレハシレハシレ
体の動きが鈍くてギリギリと音がする
ギリギリギリギリギリギリギリギリ
いつから油をさしていない
理性と本能の間にある杭が邪魔
歯車が咬み合わない
ガタがきている音がする
ガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタ
真綿を首に廻してじわじわと絞めつけて
じわじわじわじわじわじわじわ
ほら足音が近づいてくる
アレに捕まったらもうおしまい
道化は舞台から降りなければいけない
ギリギリの何もかもに終止符を

気がついたときには手遅れに
だってもう止まらない
転げ落ちる石を壊さずに止められますか
それだけのエネルギーを求めれますか
笑って済ませる問題に出来るのならしてみなさい
それができるくらい偏差値の低い問題じゃない
それくらい分かっているでしょ
不満というより不安なんです
一人じゃないから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。