青天のソラ

人間いつかは空を飛ぶと信じる駄目学生の記録集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
いつまでたっても大人になれない。
タラレバの話ばかり。

テストは残りひとつ。
最近のキャラ設定がおかしい。
私は勉強は出来ないよ。
卑下でもなんでもなくって。
出来たら出来るって言うしね。
私は出来るのに出来ないって気を使って言えないし。
出来るのはパソコンだけです。

誤解ですよ、誤解。


嫉妬よりも妬みを持つ自分が嫌い。
妬みっていうか僻み?
うん、ひがんでるんだ。
でもどう足掻いてもそこは埋まるところでないし
きっと知り合いから先には進めない
そんな予感がする
スポンサーサイト
どっちもどっち。
でもムカつく。
いい加減にしろし。
何がしたいんだ。
相変わらずの平行線。
私がわがままなのは分かってるけど。
姉と二人はムズい。
実家にいるときはそうでもないのにね。

取り敢えず、鍵を持って来て下さい。
産道を通らずに生まれ

生まれる前に存在を定義される

産湯の代わりにホルマリン

血液は抜かれ

勝手な都合で赤と青のゴムを代わりに詰められた



私のお腹にハサミが入り

内蔵はすべて取り出され

最初は心臓

次に肺

肝臓も腎臓もすい臓も脾臓も膀胱も子宮も十二指腸も

全部

シャーレに取り分けた

私の一部であったそれは

もはや

私のものでないかのように

ホルマリンで白く濁った瞳でそれを見つめる



空っぽになった

恥ずかしげもなく両足を開き

何も隠さず両手を広げる

さぞかし滑稽な様子

原始的な服従の姿

自分の全てをさらけ出す姿


すべてを出したあとには

もう用はないと

ゴミとともにビニール袋に包み

匂いがするからと

冷凍室に入れ

そしてゴミ箱に回収する

あたりには私の体から漏れるホルマリンの匂いがたちこめた
嫉妬?

いや

妬み
久々に布団で寝る。
やっぱ、私はEighterだわ。
記憶は身体の深いところに染み付いて、忘れていても思い出す。

取り敢えず、タダコピに並んでる人のコピーが下手。
二人いるから効率よくやればいいのに。
非効率なことが嫌い。
トラウマ再び。
苦手なものは苦手でした。
それでも皆大人でした。
いざ。ゆかん。
新幹線の右窓には夕焼け。
左には満月。

太陽から月にバトンタッチ。
優先順位を見失う。
今の私に大事なものは何?
情熱が欲しい。
ダブルミーニングは好き。

寝れない夜。
明日はチャペルに行かなきゃ。
新年早々帰ってきました。
向こうは向こうで、こっちはこっちで落ち着く空気がある。
香川という場所に安心を覚えるけど、こっちでは自由だし。
とにかく向こうは息がつまる。

誰も私を見ないし、私も誰かを見ようとはしない。
そんな場所。
あれから、3年経ってあのころより皆大人になってた。
私も大人になってたのかな。
苦手だった男子が苦手でなくなっていた。

やっぱり、もっと努力すれば良かったってこと?
人はいくらでも変わる。
20090101191926
ユーザーIDはメソポタミア。
プレステ3。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。